SPICA LAB method

基礎代謝の重要性

基礎代謝とは生命活動を維持する為に、自動的(生理的)に行われる活動に必要なエネルギーです。一日に成人男性で約1500 キロカロリー、成人女性で約1200 キロカロリー消費されるとされています。

一般的に体重を落としたい時に考える事は、『摂取カロリー < 消費カロリー』ですしかし、実際にはそんな単純ではありません。運動量を増やして消費カロリーを上げ、食事を抑える事にするとしましょう。最初は体重が落ちていきますが、しばらくすると体重が思うように減らなくなる経験をした事がある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜ『摂取カロリー < 消費カロリー』にしても体重が落ちなくなってしまうのでしょうかそれは、基礎代謝が下がっているからです。

消費カロリー(活動量+基礎代謝)と摂取カロリー 比較

消費カロリー(活動量+基礎代謝)と摂取カロリー  比較

基礎代謝は、想像以上にダイナミックに生活環境やその時々の置かれている状況によって変化しています。疲労、不安、イライラにも影響されます。ではこれらの状況は、身体から見ると具体的にどんな状態なのか?

生理的なセーフティーゾーンを超えて、身体がアラームを鳴らしているのです。

私達の身体は、生理的セーフティーゾーンを超えると基礎代謝が下がるようにできてきます。「ホメオスタシス(恒常性維持機能)」という体内システムが作動している状態です。生理的な危険を身体が察知すると、元の状態に戻ろうとする危機管理システムがアラームを鳴らし稼働するように、人間の防衛本能としてあらかじめプログラムされているのです。

上記の様な状況や、努力しても思うように結果が出ない時は、身体のセーフティーゾーンを超えた運動や食事を重ね、基礎代謝が下がったと考えられるのです

あれ、もう少し痩せるはずなのに予想と違うなとギャップを感じたら、その分だけ基礎代謝が下がったと考えましょう

生理的セーフティーゾーンを超えていながら体重が減るケースもあります。この場合、危機管理システムが稼働した状態なので、脂肪を出来るだけ溜め込んだまま体重が減ります。つまり減ったのは脂肪ではなく筋肉です。これを繰り返すことで、ダイエットする度に痩せにくくなるというリバウンドスパイラルに入ってしまうので注意しましょう。

ダイエットに限らず、年齢と共に同じ生活をしていても体重が増えてしまった、痩せにくくなった、体型が崩れてきたと感じる方もいらっしゃるのではないのでしょうか。年齢を重ねると筋肉が落ちていきます。それと同時に基礎代謝が落ちることで、身体のめぐりが悪くなるのです。体質が変わった、急に冷えやすくなった、産後体型が戻らない、こんな場合も基礎代謝を見直していくことで、自然と身体がめぐり出します。

これからスタートするプログラムでは、 食事や運動量を身体のセーフティーゾーン内に収め、かつ『摂取カロリー < 消費カロリー』になるように、食習慣や運動習慣の流れを作っていくことで、筋肉を落とさずに余分な脂肪を燃やしていきます。

この方向を目指して、体重を落としていきましょう。体質改善を図りましょう。

基礎代謝を考慮し身体をめぐらせて、エネルギーにあふれキラキラした自分、ゴールの体型を手に入れましょう