SPICA LAB method

ダイエットとの違い

では、流行りのダイエットとはどう違うのか?比較してみましょう
あなたはどちらの方法で理想の身体を手に入れますか?

食習慣・運動習慣
ダイエット

食事メニューや運動を管理するために、義務感に駆られたり、苦痛や忍耐が伴う

SPICA LAB method

食習慣と運動習慣を生理リズムに合わせていく為、ラフな食事と日常生活内の運動量で十分に脂肪を燃やすことが出来る

体重
ダイエット

目標体重になったらそえを維持するために、ずっと食べる量を制限したり運動量を管理する必要がある
食べたらすぐ太る身体になってしまう
リバウンドとの戦い

SPICA LAB method

身体を変えられると代謝が上がり、食事の質や量を増やせるようになる為に、目標体重に達するまでのコントロール期以上に食べても太らない
美味しく楽しく食事が頂ける

ゴールへの方向性
ダイエット

現状から⇒⇒⇒目標(未来)に向かってコントロールする為、到達までの道筋が見えにくく、三日坊主に陥りやすい

SPICA LAB method

ゴール(未来)⇒⇒⇒現状へ逆算して計画を立てていくので、ゴール到達までの道筋が明確で、継続・達成しやすい

ゴール
ダイエット

目標体重がゴール … ゴールの状態はリバウンド一番しやすい状態である為に、ここで終了すると、大きなリバウンドに見舞われやすい

SPICA LAB method

ゴールはごく普通の日常生活で、体重・体型・代謝を安定させること … 目標体重は通過点

情報元
ダイエット

本,DVD,ネット等,万人向けの情報=身体の外からの情報は、ノウハウなので必ずしも個人個人の身体や生活環境に適応しない場合が多いため、成功率が低い

SPICA LAB method

身体の内からの情報=身体の反応をもとに進める為、個人個人の生活環境や、考え方等、バックグラウンドも考慮した最適な方法で進めることが出来る

運動量
ダイエット

代謝を上げる=筋肉を増やす との情報から、必要以上の負荷をかける
苦痛、忍耐が伴いやすい

SPICA LAB method

体謝を上げ、身体をめぐらす視点から、ラフな食事と日常生活内の運動量で十分
脂肪を燃やすことが出来る